香川県中小企業家同友会

入会受付・お問い合わせはこちら 087-869-3770受付時間
9:00~18:00
(土・日・祝除く)

お問い合わせ

例会案内・活動報告一覧MEETING ACTIVITIES / ACTIVITY REPORT

  • 女性委員会

【素敵な女性】直撃インタビュー!(第2回)/株式会社エスレーヴ 津村江里子さん(高松第2支部)

update.2021年07月29日

「なでしこ通信」の新企画。女性委員会のメンバーが「会いたい!」と思う「素敵な女性」に実際に会い、インタビューします。第2回は開発・分譲を手掛ける不動産会社「エスレーヴ」の経営者であり、この春、香川大学大学院地域マネジメント研究科に入学し、2年間、仕事と学業の両立に挑む津村さんにお話を聞きました。

インタビュアー:株式会社エスレーヴ 津村江里子さん(高松第2支部)

https://esrave-ville.com/

聞き手:

エヌズワーク 須藤奈美(高松第1支部)

森本建具店 森本佳瑛(高松第2支部)

なないろ不動産 今城直美(高松第7支部)

長谷ぶどう園 長谷真里(高松第7支部)

 

 

 

聞き手(長谷):最近ゴルフは?(笑)

津村:(笑)知り合いのコンペに参加したり、友達とラウンドしたり、多忙な中でリフレッシュになります。毎年11月に開催している弊社主催のチャリティコンペは今年も開催の準備をしています。

聞き手(長谷):自社の特長や強みは?

津村:不動産業界は男性社会のイメージが強いですよね。マイホームを建てる際、実はご主人様よりも奥様に決定権があることが多く、奥様に親しみを持ってもらえるように女性目線で相談に乗っています。商品(分譲地)も子育てを中心に安全で、環境も景観も良い場所を選んでいます。マイホームが完成して終わりではなく、そこからますます輝かれるご家族を見ていると私も元気になれます。今期6月末決算では、コロナ禍でしたが前期の1.5倍の売上げ見込みで、結果が数字に表れ自信につながりますね。

聞き手(今城):弊社も賃貸の不動産業ですが、お客様の8割が女性なので、女性目線は常に考えますね。

 

聞き手(長谷):学業にチャレンジしようと思った理由は?

津村:同友会で学生募集のチラシを見て。起業3年目ですが、経営者として経営のための数字や組織力、マネジメント力を補いたい、働く女性として輝いていたいし、地域のリーダー的存在になりたいと思ったからです。

聞き手(長谷):実際に大学院に通ってみてどうですか?

津村:ほんと大変です!平日、仕事を終えての授業は座っているだけでしんどい(笑)、でも、2年間やり切ったら間違いなく成長できると信じています。授業で国や自治体の方のお話を聞いて、本当の意味での地方創生を考えるようになりました。自社だけでなく、地域だけでもなく、日本経済の活性につながる地方創生が大事で、自治体が民間企業の力を必要としていることも知りました。

聞き手(長谷):最近、同友会でも地域単位(自治体・中学校区)の活動を始め、地域の活性化を考える機会が増えましたね。

聞き手(森本):お話を聞いていたら大学院に興味が湧いてきました。私でも通えるかしら?

津村:宿題がほんと大変ですが、絶対におすすめしたいです!

聞き手(長谷):学んだことを自社にどのように活かせますか?今後の事業計画や夢は?

津村:先生方やともに学ぶ仲間とのつながりを活かして、不動産業界や地域だけでなく、日本経済が潤うようになるといいですね。学んでいる組織力や経営論を活かして自社も成長したいです。事業計画は大都市圏から人を呼び込めるような、サテライトオフィスとか保養所とか、地方(香川)にお金が落ちる仕組みを。夢は、やはり働く女性に輝いてもらいたいです。私も頑張るから頑張ろうよ!と(笑顔)

 

 

インタビュー後記

(須藤)経営にも雇用にも前向きな津村さん。自分の地域のことだけでなく、日本全体の発展を意識する『本当の地方創生』を目指すキラキラした姿がとっても印象的でした。仕事と学業の両立は大変なことも多いそうですが、香川を飛び出して日本全国、そして世界に羽ばたく日を楽しみにしています。

(森本)いつも津村さんの行動力に驚かされていますが、今回はさらにパワーアップされ、今考えている地方創生を熱く語っていただきました。自分の目的・志があり、香川大学MBAを習得のため大学院に通いながら、自社のお仕事・趣味のゴルフとまさにスーパーウーマン。とても素晴らしい刺激をもらいました。

(今城)同じ不動産業で同時期に開業し、しっかり将来を見据えた計画を持ち行動している津村さん。今は学業と両立ですが、将来の計画のための通り道であることは間違いなく、彼女の輝きは内面からの向上心の現れだと感じました。

(長谷)経営者として学業に励む理由とその先の事業計画に興味があり取材させていただきました。私たち中小企業家が地域活性や地方創生を考え、自治体と積極的に関ることが自社の存続や成長にもつながると、あらためて意識することができました。

 

 

この情報をシェアする

入会案内・お問い合わせ

中小企業の経営者及びこれに準ずる方で、会の趣旨に賛同される方は、どなたでもご入会いただけます。
また、会員企業の社員の方や会員でない方も参加できる行事があります。(開催行事一覧はこちら

入会受付・お問い合わせはこちら 087-869-3770受付時間
9:00~18:00
(土・日・祝除く)